橋下徹

201202211103157e6s.jpg

人権侵害救済法(人権擁護法)の推進派だった件。しかも団体の役員に就任


BsMF2CMCQAEHSsn.jpg large.jpg

橋下徹氏が人権侵害救済法推進団体の役員に就任

解放同盟の機関紙 【解放新聞】大阪版 2009年11月16日 第1801号」より引用

この記事から分かること。
・「解放新聞大阪版」は解放同盟大阪府連が発行する、構成員向けの機関紙。
公式見解・一次情報が閲覧できる。

・「同和問題解決(部落解放)・人権政策確立要求大阪実行委員会」は
解放同盟大阪府連が中心となり、人権侵害救済法(人権擁護法案)成立のため設立された組織。

・「人権政策大阪実行委」の副委員長に橋下徹大阪市長が就任!

・同じく副委員長に平松邦夫・前大阪市長、倉田薫・池田市長も就任。平松氏は
大阪市長選挙で、倉田氏は大阪府知事選挙で橋下市長と批判合戦を繰り広げたが、
人権侵害救済法成立に関しては三者とも手を結んでいた。

・橋下氏、平松氏、倉田氏は人権侵害救済法(人権擁護法)成立に賛同していることや、
『解放同盟』 が設立した組織の一員となっていた事実をマスメディア・記者会見・
twitter等で一切公表してこなかった。



  • 最終更新:2014-07-15 22:15:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード