憲法改正

12img_0.gif



GHQ憲法はマルクス主義が基になっている


056f8898.jpg

マルクスの虚構理論をベースにしたのが、日本国憲法と呼ばれるGHQ憲法

戦後占領下、GHQ内にフランクフルト学派と呼ばれる知識人向けマルクス主義者が跋扈しており、彼等がGHQ憲法を作りました。GHQ憲法では天皇を象徴としているので「王政の打倒」と違うではないかと思われるかもしれませんが、実は革命を2段階に分けて、2段階目に皇室を廃止する予定でした。「私有財産の廃止」についてはGHQ憲法の最初の草案に土地の国有化がうたわれていたのです。これはさすがに削除されました。憲法前文はユダヤ人のインターナショナリズムがうたわれており、GHQ憲法全体にも日本らしさも何も感じられないでしょう。


資料


動画





  • 最終更新:2014-06-04 16:51:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード