【直言極言】韓流ブームとTPP問題、戦後保守の属国意識(桜H23/11/11)



2011/11/10 にアップロード
現在、日本の保守層を真っ二つにしている「TPP参加問題」。実は「戦後保守」という­フィルターを通すと、「韓流ブーム」のゴリ押し問題と同根であることが分かる。どちら­も冷戦構造的な発想で、主体性を持たずに、ソロバン勘定で国家主権を切り売りしている­のである。常に他国に譲歩してきた戦後日本の惨憺たる有様について糾弾していくと共に­、改めて水島の標榜する「草莽崛起」の精神についてお話しさせて頂きます。



  • 最終更新:2014-05-29 14:00:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード